こんにちは!カノンです。

今日は、「お土産に最適な、滋賀県のおいしい和菓子」を3つご紹介していきたいと思います!

あなたは、「滋賀のお菓子」と聞いて何か思い浮かぶものがありますか?

・・・

・・・・・

はい、きっとありませんね?(笑)

それ以前に、「滋賀ってどこ?」と思いましたかね!?

そんな、やや知名度の低い(?)滋賀県ですが、実はおいしいお菓子がたくさんあるんですよ!

今回はそんな滋賀の美味しい「和菓子」を紹介していきますので、よろしくおつきあいくださいね。

 

近江あられ

中西永生堂から発売されている「近江あられ」は、ぱりっとして香ばしいあられです。

こちら、「大津絵セット」や「大津絵小袋入り」といった、「大津絵」がプリントされた小袋にあられが入っているタイプもあるんです。

大津絵というのは、江戸時代に大津で発祥した民俗絵画で、東海道を旅する人たちのお土産やお守りとして知られていました。

そんな歴史深くて趣のある絵画も一緒に楽しむことができる近江あられは、大津のお土産としてぴったりなんです。

丹波の黒豆が入った「大津絵一番」や、海の幸や山の幸を取り入れた「都好み」など味の種類もたくさん!

贈りたい相手によって、どれを選ぼうかなと迷うのも楽しいものですよね。

あなたもぜひ、大津の歴史を感じることができる「近江あられ」を一度味わってみてくださいね!

 

叶匠寿庵のお菓子

「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」は、高級感のある上品な和菓子を作っているお店です。

中でも人気なのが「あも」というお菓子で、これは小豆と求肥(和菓子の材料)を混ぜ合わせて出来た極上のお菓子になっています。

他にも、栗まんじゅうや最中、季節のお菓子や和菓子に合うお茶など様々な種類の商品を取り扱っているんです。

どれも見た目にも美しくお味もとても上品なので、目上の方や高齢の方へのお土産としても喜ばれること間違いないですよ。

たねやの最中

滋賀県には「たねや」という和菓子やさんがあるんですけども、このお店の「最中(もなか)」が絶品なんです!

滋賀県産のもち米を使った香ばしい最中種で北海道産小豆を炊き上げた餡をはさんで食べるのが、この上ないぜいたくなお味なんです。

外側はサクサク!中身の甘さもちょうどよく、食べやすいサイズになっていますよ。

最中好きには、ぜひ一度「たねや」のもなかを味わってほしいですね。

 

ちなみに、たねやグループには「クラブハリエ」という洋菓子を扱うお店もあって、そちらでは焼きたてバウムクーヘンが大人気なんですよ。

「クラブハリエ」については、「一度は食べてみてほしい!滋賀のおすすめお菓子〜洋菓子偏〜」という記事の中でご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

滋賀県には歴史にちなんだ和菓子や、滋賀県産の食材を生かした珍しい美味しいお菓子があることが分かっていただけたかと思います。

ここで紹介したお菓子は、滋賀の実店舗やデパートなどでの販売のほか、それぞれのお店のホームページでも詳しい情報を見たり購入したりすることもできますよ。

遠方でなかなか滋賀県まで足を運べないという場合は、ぜひお取り寄せをして味わっていただけると良いなと思います。

こうした滋賀のご当地お菓子を、滋賀の魅力を知るきっかけにしていただけたら嬉しいです。

当ブログでは、引き続き滋賀の魅力について発信していきますので、ぜひご覧くださいね!

こちらの記事も読まれています